Avant Garde Exhibition - Virtual Artists
Sunday, 3 April 2022 | 18:00 - 20:00
An eclectic collection of innovative art and sculpture from international artists.
I exhibited 5 artworks at the Avant Garde exhibition held at VR, hosted by Virtual Artists, based in London, England.

You can find more information about the exhibition on Virtual Artists' official website, Instagram, and Facebook page.

Currently, artwork cannot be transported from Japan to Europe through Russia and must be rerouted around the south, making air transportation difficult.

Behind every military invasion is an information war and ruthless investment, and while the raison d'etre of network infrastructure can be good or bad depending on its use, there is still a silver lining in the use of technology for the purpose of augmenting reality and communicating culture.
イギリスのロンドンに拠点を置く Virtual Artistsさん主催、VRで開催された Avant Garde展に 5点の作品を出展いたしました。

Virtual Artists 公式ウェブサイトInstagramFacebookページより展示の詳細をご覧いただけます。

アート作品を日本から欧州へ輸送するには現在ロシアを通過できず、南周りで迂回する必要があり、空輸が困難であるのが現状です。

軍事侵攻の裏では情報戦と無情な投資が繰り広げられており、ネットワークインフラの存在意義もその用途により良し悪しが分かれますが、現実の拡張と文化の伝達という目的にテクノロジーが活かされていることに、まだ一縷の望みを持っています。
Archetypus / 元型
Jul 2020 / 175 × 140 cm

The work replicates a woman wearing a bird mask to convey the theme, "repetition and a return to archetypes," capturing the essence of humans living in society. Humans form orderly societies, as controlling chaos using law and order is a prerequisite for human civilization. The work depicts how the coexistence of chaos and order creates repetitions like those found in opposing mirrors. The mask represents a sociable personality and shows how human coexistence results in endless repetitions like those found in opposing mirrors.

この作品では「原型への回帰と反復」というテーマに沿って、鳥の仮面を被った女性を繰り返し複製しています。これは人間の持つ熾烈な願望を表現しています。狂気を支える論理がアート作品または人類の文明には必要不可欠であり、作家にとって論理は感覚を抑える手段に過ぎないため、両者の共存が合わせ鏡のような反復を生むことになります。そこには終焉がなく、ただ入れ子構造になった世界がループしているのみです。人類の歴史や文化、戦争、紛争、そして宇宙もこのようにして構築されて来たのではないでしょうか。
Avatar / 化身
Sep 2021 / 146 × 236 cm

Before we are born into this world, all of our lives are determined by our soul's life path. Every being is an incarnation of God, a separate Spirit, and all life is equal. In truth, we are omniscient beings. But we have to live by the rules of this 3D world for the sake of our soul practice. If you are faced with a challenge, remember this, you are precious and irreplaceable.

私たちあらゆる生命は、この世に生を受ける前にその魂の歩む生涯を決めて来ました。全ての存在が神の化身であり、分け御霊であり、そして全ての命は平等です。本来は全知である存在ですが、私たちは魂の修練のためにこの三次元世界のルールに則って生きなければなりません。もしあなたが試練に直面したならこう思い出してください。あなたは神と等しく尊くかけがえのない存在です。

When the world entered the Corona disaster, all sorts of sad thoughts poured in from all over the city. Ladles disappeared from shrines and supermarket shelves were emptied. The world was about to be reborn. I kept thinking about what role art could play in such a world, and I mindlessly projected the thoughts I received from the swell of the world into my work, as if filtering them. The last thing that remained was "prayer.

世界がコロナ禍に入った時、街中からあらゆる悲しい想念が流れ込んで来ました。神社からは柄杓がなくなり、スーパーの棚は空になりました。世界は新しく生まれ変わろうとしていました。アートがそのような世界で持つ役割は何か考え続け、大きな世界のうねりから受けた想念をろ過するように、無心で作品に投影し続けました。そして最後に残ったのは「祈り」でした。
Forgotten Sky / 忘却の眺め
Aug 2020 / 62 x 62 cm

Today's children can only read the emotions of others through a mask. They try to communicate based on what they feel when they look into the eyes of the other person, and the feeling that comes from the other person's entire body. This work was created with the hope that we will soon be able to see the smiling faces of children under a blue sky, knowing that the blue sky is probably already a memory.

現代の子供たちはマスク越しに相手の感情を読み取るしかありません。相手の目を見て感じることや、相手の体全体から伝わって来るフィーリング、それらを基にコミュニケーションを試みます。この作品は、早く青空の元で子供たちの笑顔が見られますようにという祈りを込めて制作されました。その青空はもう思い出の彼方にあるのだろうと知りながら。
Uriel / 静謐な世界
May 2020 / 91 x 132 cm

This work was created as a prayer for a world of tranquility to come to people. The world is about to be reborn, changing its shape drastically, and in this violent swell, various cultures, commerce, distribution, and many irreplaceable lives have been lost. What we can feel from this work is sorrow, prayer, compassion, and hope.

この作品は静謐な世界が人々のもとに訪れるよう祈念して制作された。世界は大きく形を変えながら生まれ変わろうとし、その激しいうねりの中で様々な文化、商業、流通、そしてかけがえのない沢山の命が失われました。この作品から感じ取れるのは、哀しみと祈り、慈しみの心、そして希望である。

You may also like

Back to Top