Archetypus / 元型 by Masaki Hirokawa / 廣川政樹
Title of work: Archetypus / 元型
Year of creation: Jul 2020
Dimensions: 175 x 140 cm (Height x Width)
Medium: Digital Media
Technique: Photo collage

The work replicates a woman wearing a bird mask to convey the theme, "repetition and a return to archetypes," capturing the essence of humans living in society. Humans form orderly societies, as controlling chaos using law and order is a prerequisite for human civilization. The work depicts how the coexistence of chaos and order creates repetitions like those found in opposing mirrors. The mask represents a sociable personality and shows how human coexistence results in endless repetitions like those found in opposing mirrors.

この作品では「原型への回帰と反復」というテーマに沿って、鳥の仮面を被った女性を繰り返し複製しています。これは人間の持つ熾烈な願望を表現しています。狂気を支える論理がアート作品または人類の文明には必要不可欠であり、作家にとって論理は感覚を抑える手段に過ぎないため、両者の共存が合わせ鏡のような反復を生むことになります。そこには終焉がなく、ただ入れ子構造になった世界がループしているのみです。人類の歴史や文化、戦争、紛争、そして宇宙もこのようにして構築されて来たのではないでしょうか。

You may also like

Back to Top